スエヒロ

Suehiro Restaurantが売り上げ20%を寄付。ただし、水曜日でした。

Advertisements

FWD: A Letter from Sendai

A beautiful letter from Sendai, circulating around the world….

A letter from Sendai
ANNE THOMAS 3/14/2011
published online @ Ode magazine

Things here in Sendai have been rather surreal. But I am very blessed to have wonderful friends who are helping me a lot. Since my shack is even more worthy of that name, I am now staying at a friend’s home. We share supplies like water, food and a kerosene heater. We sleep lined up in one room, eat by candlelight, share stories. It is warm, friendly, and beautiful.

During the day we help each other clean up the mess in our homes. People sit in their cars, looking at news on their navigation screens, or line up to get drinking water when a source is open. If someone has water running in their home, they put out a sign so people can come to fill up their jugs and buckets.

It’s utterly amazingly that where I am there has been no looting, no pushing in lines. People leave their front door open, as it is safer when an earthquake strikes. People keep saying, “Oh, this is how it used to be in the old days when everyone helped one another.”

Quakes keep coming. Last night they struck about every 15 minutes. Sirens are constant and helicopters pass overhead often.

We got water for a few hours in our homes last night, and now it is for half a day. Electricity came on this afternoon. Gas has not yet come on. But all of this is by area. Some people have these things, others do not. No one has washed for several days. We feel grubby, but there are so much more important concerns than that for us now. I love this peeling away of non-essentials. Living fully on the level of instinct, of intuition, of caring, of what is needed for survival, not just of me, but of the entire group.

There are strange parallel universes happening. Houses a mess in some places, yet then a house with futons or laundry out drying in the sun. People lining up for water and food, and yet a few people out walking their dogs. All happening at the same time.

Other unexpected touches of beauty are first, the silence at night. No cars. No one out on the streets. And the heavens at night are scattered with stars. I usually can see about two, but now the whole sky is filled. The mountains are Sendai are solid and with the crisp air we can see them silhouetted against the sky magnificently.

And the Japanese themselves are so wonderful. I come back to my shack to check on it each day, now to send this e-mail since the electricity is on, and I find food and water left in my entranceway. I have no idea from whom, but it is there. Old men in green hats go from door to door checking to see if everyone is OK. People talk to complete strangers asking if they need help. I see no signs of fear. Resignation, yes, but fear or panic, no.

They tell us we can expect aftershocks, and even other major quakes, for another month or more. And we are getting constant tremors, rolls, shaking, rumbling. I am blessed in that I live in a part of Sendai that is a bit elevated, a bit more solid than other parts. So, so far this area is better off than others. Last night my friend’s husband came in from the country, bringing food and water. Blessed again.

Somehow at this time I realize from direct experience that there is indeed an enormous Cosmic evolutionary step that is occurring all over the world right at this moment. And somehow as I experience the events happening now in Japan, I can feel my heart opening very wide. My brother asked me if I felt so small because of all that is happening. I don’t. Rather, I feel as part of something happening that much larger than myself. This wave of birthing (worldwide) is hard, and yet magnificent.

Thank you again for your care and Love of me,

With Love in return, to you all,

“Please Pray for the Crew Behind the Scenes”

A prayer for those working to bring the nuclear reactor under control. (Slightly edited upon translation of the previous post, which came in via email from Japan.)

Dear friends,
I am here to plead for help
Right now, at the nuclear power plant in Fukushima,
there is a group of people risking their lives,
working to save Japan,
for the Japanese people,
for you and your family.

Please send in your prayers!
Please pray for successful results!
Please!

The team members all volunteers
They are over 55 years old
and they are almost over raising their children,
They say they are ready to give up their lives for this cause, there’s no looking back
That’s how they have volunteered themselves
Fifty of them.

An article from Jiji Press says,
TEPCO (Tokyo Electric Power Company) sought help from electric companies and related firms throughout Japan
Seeking volunteers
Experienced people who are willing to risk their very own lives,
to work inside the power plant

One man, who worked for Chu-goku Electric Power for 40 years as a nuclear operator stepped up.
“This is a job for someone like me
I have less than a year till retirement,
and my children are all grown up”
Family members listened as he,
the husband, the father, was talking
No one could say a word
The daughter saw a side of her father – quiet and determined, a new face of him that she hardly knew
Twenty volunteers from there
They walked out the door, just as usual
“See you when I get back”
They left their home just as if it was a part of their lives

While they are working, they will be exposed to nuclear radiation
The exposure limit was originally set at 100 millisieverts (mSv)
They will so easily reach 100 mSv within minutes,
and not much can be done
“Please raise the limit to 250mSv so we can stay longer to get more done,”
they asked and it was raised
They are well aware of exposure, the risks, and ready for the consequences

Thanks to their work,
the nuclear reactors are under much better control now
If the nuclear chair reaction had reached a critical point
perhaps I would not be here right now
We might not be spending time with our family, our loved ones, and our friends

All living creatures within 186 miles (or 300km) could have been severely affected, or might have even become non-existent

Please everyone, please keep the men in your prayers!
Please pray for the success of their work!
Please send your good energies!

Today, their water spraying has ended in success

Please continue to pray for their work for tomorrow
and for each one of their safety

Please, please – Onegai-shimasu!

And also please help spread the word, to your family, friends
and groups of people you know.
Thank you for your prayers!

「原発作業員のためのお祈りを!」

「原発作業員のためのお祈りを!」(メールできました。)
ーーーーーーーーーーーーー

皆さん
どうかお願いがあります
祈りを、皆さんの祈りを
今、福島原発で命がけで 我々の国、この日本を
国民を
あなたをあなたの
家族を救う為に懸命に仕事をしている人々がいます。

どうか祈って下さい!
作業が成功するのを!
お願いします!

自衛隊特殊化学防護隊の
隊員たちは志願者です。
しかも年齢は55歳からうえ、もう子育ても終わりに近づいて思い残す事は無い
と志願者となったようです。
その様な志願者が50名

時事通信社の記事があります。
東電が全国の電力会社、協力企業に助けを求めました。
志願者です、決死隊として原発の内部作業をする原発関係者のベテランを募った
のです。
中国電力の原発勤務40年というある男性が。
この作業は自分達のようなベテランがやるべきだ、
自分は定年まで後一年であるし、子育ても終わったとして、志願したそうです。
ご家族は静かに思いを語る、自分の夫、父親 の
決意に何も言えなかたそうです。
その方の娘さんは,今までと違う父のもの静かな顔を初めて見たそうです。
志願者20名
翌朝、いつも出勤する時のように。
じゃあ、いってくる。
と言って玄関を出てたそうです。

原発での作業中、放射線被爆があります。
国が定める限界被爆単位100ミリシーベルト。
それが250ミリシーベルトになりました。
何故なら、彼等が望んだからです。

100ミリシーベルトではすぐ時間が経ってしまい数分では作業ができない。
だから国に250に上げてくれと。
その為の被爆量は覚悟の上なのです。

そのおかげで
昨日、あと一歩で臨界点と言う所で臨界が止まったのです。
もし臨界点に達していたら。
私達は今、この時を
この時間を過ごしていません。
家族と恋人と仲間、友人とこの時間が無かったかもしれないのです。

半径300キロ生物の生存率は、限りなくゼロ
に近かったんです。
今のこ・・了・屬枠狹銈里、・欧覆里任后・・錫鮠錫鮠経営側幹部たちは我が身安泰の為、情報を小出しにし、遠く離れた東京から出て
きませんでした。

お願いです皆さん
祈って下さい!
皆さんの祈りを
作業が成功するように
祈って下さい!
皆さんの想念を送って下さい!

今日 放水作業が無事終わりました。

明日の作業も成功するように。
隊員たちが無事であるように。
祈って下さい!

どうかお願いします!

そして家族、友人、仲間、一人でも多く方に知ってもらい
祈ってほしいので伝えて下さい!
お願いします!

緊張を解くのに

「大変だった2011年の春休み」が終わろうとしています。被災した方々には慰めの言葉もない大惨事続きとなりましたが、こちらでは明日から大学もPSDも再開です。3月11日以降の一連の日本での出来事、まだまだ懸念材料、不安、やるべきことがいっぱいとは言え、深呼吸しつつ、気持ちを入れ替えていこうと思っている方も多いはず。

そこで二つのストレス解消お勧め情報を。
1。鍼灸
ヨガ、水泳、サイクリング、ジョギングなど、各人ストレス解消法があると思いますが、鍼が好きな方に朗報です。
オールドタウンでは、ベッドを何台か置き、複数人同時並行で鍼治療ができるクリニックSource Point Acupunctureが登場です。$20〜$40の間で、自分で金額を決めることもでき(この辺りの相場は$55〜70位)、より手軽に鍼治療を受けられます。初診料は別途$15かかります。

2。笑う
Dave Barry Does Japan
マイアミ・ヘラルド新聞社のユーモア・コラム執筆者としても有名なデーブ・バリーさん。3週間の滞在旅行記です。
本当の日本を知っている皆さんなら、大爆笑できるはず。日本語でも「デイヴ・バリーの日本を笑う」として翻訳されているようですね。ぜひそちらも読んでみたいです。

こんなにのどかで気持ちの良い日に、揺れないところで食べ物のも困らず生活できる。日常生活のありがたみを噛み締めつつ、また被災地、被災者の方々の速やかな回復を祈りつつ。

5ドルの寄付金・大募集

Thank you SO MUCH to all those who have donated to the Japan Earthquake and Tsunami Fund – your generous donation is very much appreciated!!

朝、始めに連絡を受けた時には残り3時間、2時間とどんどん制限時間が迫っていたため一度外したのですが、
(どの位募金集ったかなと思い)確認したところ、二日後まで期日延長、また目標募金額も倍増ということなので、再度載せることにしました。
米国赤十字社を通して募金するために、LivingSocial.com社が一人当たり$5の寄付金を募っています。

$5 for $10 Donation to Japan Earthquake & Pacific Tsunami Fund

$2,000,000に達した時点で、LivingSocial社からの同額寄付拠出(マッチング)は無くなりますが、寄付自体は継続して3月末日まで受付ているようです。
(ただし、目標額を超えた場合、赤十字社の判断で他のプロジェクトに寄付金が回される可能性も有るとのこと。)

また日本国内ではGroupon社が同様のキャンペーンを行っています。こちらの場合も、期日は3月末日まで、または目標(一億円)に達した時点で終了とのことです。

東北関東大震災 義援金のお願い

上記のリンクをメール末尾のフッター張りつけたりして、メールついでに少しずつの募金のお願い、してみませんか?

CSU日本人学生会より

おにぎりを持って来られる方いましたら、ぜひそこでお会いしましょう!

みなさま、

 CSU日本人学生会会長の高野と申します。

 この度の東北地方太平洋沖地震による甚大な被害と喪失に対し、心からお見舞 いを申し上げ、哀悼の意を表します。地震発生から一週間が経った現在も余震や 津波、原発などによる被害の拡大が懸念され、厳しい状況が続いております。み なさまにおかれましても、ご家族やご親族、ご友人の方々の安否が気遣われるこ とと思います。いまは被災者の方々のご無事をお祈りするばかりです。

 このような中、CSUの日本人コミュニティにおいても、被災地域の復興と被災 者の方々への援助に少しでも役立つべく、日本人学生会・日本倶楽部が一体と なって、義援金の募金活動を行いたいと思います。また、義援金の寄付を募ると 同時に千羽鶴にメッセージを書いて日本へ送りたいと考えています。つきまして は、明日、明後日(土曜日,日曜日)の午後1時から6時の間で具体的な募金活動の 話し合いを行い、千羽鶴を折りたいと思います。場所はLory Apartment South地 下室(905 West Laurel Lory Apartment)です。当日はおにぎりの昼食を用意する 予定です。

 なお、もしも折り紙を持っていらっしゃる方がいましたら持参していただけれ ば幸いです。
お時間のある方には可能な範囲でぜひご参加頂ければと思います。

 よろしくお願いいたします。日本の一日も早い復興とみなさまのご家族、ご親 族、ご友人のご無事を祈念しております。

高野
連絡先の把握ができない日本人の方もいますので、もし直接お会いする機会のある方で本旨を受け取っていない方がいらっしゃるようであれば、上記の連絡を伝えて頂けますとありがたいです。

続・マコ先生からの呼びかけ

CSUでの募金活動、折り鶴作業に関するご案内。以下参照。

みなさん、早速のお手伝いのお申し出感謝します。

まず、今週の土曜日と、日曜日の1-6まで鶴を折る作業をします。いつでもご都合のつくときにいらしてください。
場所はCSU CampusのLory apartment south の地下です。
http://www.map.colostate.edu/  Lory Apartment Southで検索してください。

来週は月から金まで、義援金の募金活動を行ないます。鶴の折れる方は、Lory 学生センターのsunken loungeというところで、月、木、金9-5時でFlea Marketで募金をしてもらうようによびかけていきたいと思います。
一階本屋の向かいにあるFlea Marketというところでしか義援金を受け付けられません。月から金の8-5まで予約をしてあります。土曜日にsign-up sheetを 回したいと思います。お時間がありましたら、ご協力ください。
よろしくお願いします。

ベーケン

マコ先生からの呼びかけ

ベーケン眞子さんより、地域の皆様へ

皆さまのご家族、ご親戚、お友達の無事をお祈りしています。

被災者の方たちの救済もなかなかはかどらない中、刻一刻と状況が悪化する原発問題に皆さんも心いためていらっしゃると思います。

遠く離れて傍観することしかできない私たちにとってできることは、ひたすら祈ることと義援金を集めることです。すでに、寄付をされた方も大勢いらっしゃるとは思いますが、CSUの日本人学生会、日本倶楽部が一体となって、義援金の募金活動を行います。寄付を募ると同時に千羽鶴にメッセージを書いてもらおうと思います。

キャンパス内で募金を集められるところは、ローリー学生センター一階本屋の前のflea marketしかないので、とりあえず、そこで一週間します。

つきましては、地域のかたがたにもご協力をお願いしたく、メールを差し上げています。

実際に鶴を送るのは、しばらくたってからになりますが、鶴を折る作業(小さいサイズのものより、10x10センチの折り紙)と、flea market で寄付を募るお手伝いをしていただけると助かります。1-2時間の単位で、9-5の間お時間があれば申し出てください。駐車料金が無料になるのが4時からですので、それも考慮に入れてください。

日本の一日も早い回復と原発問題の解消を祈りつつ。

ベーケン眞子

Masako (Mako) Beecken

Clark C124A

Department of Foreign Languages & Literatures

Colorado State University

Fort Collins, CO 80523-1774

Message From Skype to 「日本在住の全てのお客様へ」

Skype社からのありがたいお申し出。リンクが十分でないと思いますが、とりいそぎポストします。
In English, click here

先週11日(金)に起きた未曾有の巨大地震および津波によって、東日本広域において多くの方が犠牲となり、日本に甚大なる被害をもたらしました。この災害により被害を受けられた方々に、心からお見舞い申し上げます。

この緊急時において、ご家族の安否の確認や同僚や友人の状況を確認するための連絡手段確保は極めて重要です。日本在住のSkypeユーザーの皆様が連絡を取れるように、この度日本国内(また中国や米国をはじめとしたその他の国)の固定電話に向けて約25分以上の通話ができるSkypeクレジットのバウチャー(クーポン)をご提供いたします。このSkypeクレジットは、テキストメッセージ(SMS)の送信にも利用可能です。本クレジットバウチャーは今すぐ使用することができます。

Skypeクレジットバウチャー(クーポン)の有効化手順

1. skype.com/go/voucherをクリックして下さい。

2. 「Skype名」および「パスワード」を入力してください

3. Skypeバウチャーコード(クーポン番号)(※1)を入力し、有効化してください

Skypeクレジットバウチャーコード: V6DE3EKHNT7CRPJ4

上記に加え、Skype社は皆様の連絡支援のために、日本国内5,500以上の公衆Wi-Fiスポットでインターネットに接続できる、Skype Access を当面の間無料にいたしました。あなたのSkypeコンタクトへのSkype同士の音声通話、ビデオ通話はもちろん無料です。
– 利用可能な公衆無線LANアクセスポイントはこちらのヘルプご参照下さい
– Skype Access の使い方についてはこちらをご参照ください。

ご家族や友人、同僚の安否を確認したい場合また自身の状況を連絡したい場合は、日本赤十字社と赤十字国際委員会と開設した ファミリーリンク・ネットワーク をクリックして下さい。日本での救援活動を希望する方は、日本赤十字や国際赤十字・赤新月社連盟のサイトをご覧下さい。

これら手段が震災に見舞われたご家族や友人皆様と連絡取れることを心より祈念しております。

本件に関する詳細は、こちらをご参照ください。

敬具

Skype 最高経営責任者 CEO
トニー・ベイツ