中古市場と価値の見い出し方

特に家具などで、「ガレージセールや掘り出し物大好き、新品購入はお金がかかる上、無駄になることも多い」という勝手なポリシーの持ち主の私。このたび、リンクのリンクのリンク位で辿り着いたページの以下の抜粋に、その極意を的確に表現している文を見つけました。日米での底に流れていた「価値の見いだし方」の違い。もっとも、今日では日本でも価値観が多様化しているでしょうから一概に「日本では・・・」とはもはや言えないでしょう。

日本の不動産は、年月が経つに連れて建物の価値は下がり、建物に投資価値が無い。日本の場合は、地価だけの値上がりが投資の目的。アメリカは違う。これは、建物を含む不動産の再販の需要があるかどうかによる。要するに、日本人は何でも新しいものが好きで、使い古しは嫌いだし、一旦(家を)買ったらそこに永住する。永住目的で家を買うから、再販目的は(まず)ありえない。アメリカ人は数年毎に移動するのを苦痛としない。それも、何百キロ、千キロ単位で移動する。したがって、同じ家に永く住まない。よって、モノがよければ、中古でも直ぐに住める家に価値を見出す。したがって、日本と違って中古はそれほど安くならないどころか、建築建材のコストや大工さんの人件費が年々高くなる分だけ、中古建物の価値も上がる。したがって、アメリカでは建物も地価も(長い目で見ると)値上がりする。・・・これが、日本と大きく違うところ。

Alex Yoshidaの 米国不動産投資関連リンク集 より

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s