Helping Hands for Haiti

ハイチの大地震から早くも一ヶ月が過ぎました。再びハイチのためのファンドレイジング、今度はコンサートのご案内です。

以前も紹介したことのあるKathryn Mostowさん他、合わせて9人(団体)の出演者によるチャリティーコンサート”Helping Hands for Haiti” がAvo’sにてあります。(Avo’sに関する古い記事

日時: 2010年2月21日 (日)
午後1時開始〜夜中12時まで(いつでも入退場可)
入場料: 大人$10、学生$5、(12歳以下の小人無料)をお願いしています。
寄付先:こうして集まったお金はChildren of the Promiseという名の団体の活動のために全て寄付されます。以前から、身寄りの無い子を受け入れ、養子縁組を取り持つ活動をしてきたこちらの団体ですが、大地震被災後もハイチに物資を送り届けると同時に、何グループかに分けて子供たちをハイチからカナダや米国の養親の元に送り届ける手続きや活動を勢力的にこなしている様子です。

注:コンサート自体は上記の入場料で聞けるのですが、会場を提供してくれている「アボ」での飲食代は別途、自己負担となり、寄付金には充てられません。

ちなみに、チャリティーコンサート当日は丁度キャサリンさんのお誕生日でもあるということです(ご近所さんでごひいきにさせてもらってます)。ここに埋め込みたかったのですが、うまく行かなかったのでリンクにてキャサリンさんのYouTube ビデオを一つ。以下の言葉を基に彼女の作詞作曲した ”I Give Thanks” です。

Never doubt that a small group of thoughtful, committed citizens can change the world. Indeed, it is the only thing that ever has. –Margaret Mead

「問題を解決するために強い意志を持ち、
献身的に努力する市民たちの小さなグループが
世界を変えられるということは、疑いようがありません。
現に、世界を変えてきたのはまさにそれなのです。」
マーガレット・ミード(人類学者)
(日本語訳は「イルコモンズのふた」さん[異文2]からコピーさせていただきました。)

**追記**
2月16日のコロラドアン(オンライン版)にも、関連記事が載りました。
それによると、ハイチChildren of the Promise出身で、養子として渡米し、現在ラブランドに在住の9歳の少年が自分の所属小学校でファンドレイジングを始めたのをきっかけとし、地元ビジネスマンと音楽家が、もっと大々的にやろう、と意気投合して今回の企画が出来上がったのだそうです。
音楽や雰囲気も楽しめ、入場料が直にハイチの役に立つこのコンサート、お時間の許す方、ぜひお出かけ下さい。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s