Albert Pit Barbecue ハイチ大地震のためファンドレイジング

Albert Pit Barbecueでは、この度のハイチ大地震救済のためにファンドレイジングをすることになりました。

1月22日金曜日、午後4〜7時までの間のお持ち帰り分の売り上げを全額を、ハイチ大地震の救済のために国連世界食糧計画(the United Nations World Food Programme:WFP)に寄付するとのことです。(ケータリングビジネスをしているので、そちらは通常通りの営業で、今回は、キッチンに取りに来られた方の分の売り上げを全額寄付に回すという趣旨だと思います。)

以降、彼らからのメッセージの略・意訳です。

国連食糧計画はハイチでの大地震発生後、24時間以内に被害者に対してすぐに食べられる物を支給し始めました。また今後6ヶ月間、200万食を供給することを目標に掲げています。過去4年間、アルバート・ピット・バーベキューはWFPの食糧支援活動目標(2015年までに飢餓を半減する)を支援しています。色々と探し求めた結果、WFPは信頼でき私たちの、また皆さんからお預かりした寄付金を回すのに値する組織であると、強く信じています。

さて、実は「ハイチ」と「バーベキュー」の間には、重要なつながりが二つあります。

その1:バーベキューはそもそも、ハイチの先住民タイノ属の間で肉を網(?)に乗せ、火あぶりして乾燥させていたことに由来します。スペインの探検隊がそれを「バーバコア」として本国に伝え、後に大西洋沿いに落ち着いたイギリス移民たちがバーベキューとして発展させました。

その2:また、この度WPFはハイチにてすぐに食べられる物、ビスケットも支給していますが、ビスケットとバーベキューは最高の組み合わせですね。

22日金曜日に当店にてバーベキューを購入していただくことによって、ハイチの人々にビスケットや他の非常食が行きます(収益はそっくり寄付します)。ぜひ午後4時から7時の間にケータリングキッチンにお寄りください。住所・地図はこちらです→ 3201 East Mulberry, Unit F, Fort CollinsEast Mulberry と Dawnの南東の角になります。

貧困、栄養失調、食糧の高値、ハリケーン、そして今回の地震…ハイチという国は、今回の地震の起こる以前からすでに様々な危機に曝されていました。さらに詳しいことをお知りになりたい方、WFPに直接募金をしたい方などは、ぜひWFPのホームページもご覧ください。

我々はここはまずバーベキューで勝負します。フルサービスのケータリングはもちろんのこと、長い一週間の最後の夕食作り(22日の夕方)は我々にお任せください!

Korey and Barbara Albert
Albert Pit Barbecue
http://www.albertpitbbq.com
970-213-RIBS (7427)
Catering Honest-to-Goodness REAL Barbecue

22日の夕ご飯はアルバート・ピット・バーベキューにしてみませんか?

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s