Village Vidiot

しばらく前にN.G.さんに教えていただきました。巷でちょっと評判のレンタルビデオ屋さんがCSUメインキャンパスすぐ西に移って来たそうです。

フォート・コリンズのニモ寿司(エリザベス・シールズの西北)の二軒隣にVillage Vidiotとうビデオ屋さんがあって、日本のアニメや邦画がたくさん置いてあります。オーナーの話によると、全米で一番アニメの数はそろっているそうです。ご主人はアメリカ人ですが、奥さんのご両親は日本出身。ただし奥さんは全然日本語ができないそうです。奥さんは霊気やマッサージをやっています。お店には日本のお菓子もあります。

ホームページに”What is Anime?”ページもありますが、ご主人の言葉でしょうか、日本のアニメ、漫画文化についての彼なりの思い、分析が書かれていて興味深いです。例えば(直訳ではなく、印象訳?なのですが)
-アメリカの映画の善悪がはっきりしたような筋書きではなく、立場の変遷や複雑な心の機微が描かれ高度な内容のことも多い
-死や性描写が、米国の価値基準と少々ずれていることもあるから、子供に見せる場合などは親が判断すること
-そういう違いも、日本・アジア文化(神道、武術、禅、など)への窓としての題材として活用の価値が大

などなど。
懐かしの「アルプスの少女ハイジ」とかあるかしら。。。その位なら娘にも見せたいと思いますが。。。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s