道の基本情報

街によって、道の名前の付け方に工夫がされている場合があります。

例えば、碁盤目のような区画整理されている街の中には
「1st Street, 2nd Street, 3rd Street…」 と単純に番号がついていたり、
Avery Street, Brooklyn Avenue, Cherry Street…」とABC順になっていたり、
または南北の道はAvenue、東西はStreet、とかいう風に分けられていたりすることがあります。

ここフォートコリンズでは、街道路の基点はMountainAvenue(東西)とCollegeAvenue(南北)です。
ここの交差点を中心として、東西南北に最初のブロックの住所は100番台、次は200番台、…どんどん東西南北に離れて遠くなると2000番台、4000番台、などというようになっていきます。そして、東西南北を意味するE,W,S,Nも略してけますので、例えば…
172 N College Ave (MountainShop)の場合:College/Mountainの交差点よりちょっと北、OldTown辺り
4106 S. College Ave (Vitamin Cottage)の場合:OldTownよりずーっと南の方
1213 W. Elizabeth St (Road34BikeShop): CSU西
2820 W Elizabeth St (HappyHeartFarm): 上記の店よりもっともっと西
…などのように、慣れてくると、ザッと大体の位置の見当がつくようになります。

面白くもあり、同時にちょっと注意が必要なのは、道がずーっとつながっていなくても、延長線上にあれば同じ名前の道が存在するということです。
例えば上記のElizabethSt.では、CSU以西ずっとつながっているので、道をたどって行けば住所の番号がどんどん大きくなります。でも同様に東西にはしるPlumSt. (CSUの家族寮 University Village もありますね)はというと、つながっていなくて、西の奥の方の住宅街にひょっこり同じ名前で再度出現したりします。

また、開拓者の時代にOldTown北のプーダー川(PoudreRiver)から南に向かって町が少しずつ発展したので、Sherwood,Grant,など、当時町の発展に影響のあった人の名前が多く使われているとのこと。また、もう少し広げるとどこの町にもありがちな、Cherry, Oak, Pine street など、木や植物由来の名前がたくさん見られますね。

ちょっと歴史や工夫が感じられる道の命名法、地図とちょっとにらめっこするの、結構面白いですよ:)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s