おまわりさんのお話(はなし)

つい何日(なんにち)か前(まえ)に起(お)きたある友人(ゆうじん)の話(はなし)です。彼女(かのじょ)は助産婦(じょさんぷ)=Midwifeなのですが、夜中(よなか)にお産(おさん)のために呼(よ)ばれ、Lovelandに向(む)けてTaft Hill Roadをすっ飛(と)ばして走(はし)っていたそうです。案の定(あんのじょう)、おまわりさんが現(あらわ)れ、チケットを喰(く)らうかと思(おも)いきや、そこは経験(けいけん)豊(ゆた)かな彼女。「患者(かんじゃ)が一気(いっき)に4cmから7cmにまで進(すす)んだの。急(いそ)いで行(い)かないといけないからエスコートしてくれない?」

そこでおまわりさんのエスコートを受(う)け、彼女(かのじょ)は気持(きも)ちよく、再(ふたた)び大急(おおいそ)ぎで走(はし)って行ったそうです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s